// awesome-font

<環境構築>

Ruby

  • Rubyのバージョン確認
$ ruby -v


  • インストール済みのRubyの確認
$ rbenv versions


  • インストールされてないRubyのバージョンのうち、インストール可能なバージョンを確認
$ rbenv install --list


  • Rubyのインストール
$ rbenv install バージョン


$ rbenv local バージョン


$ rbenv global バージョン

Rails

  • Railsのバージョン確認
$ rails -v


- インストール済みのRubyの確認

$ gem info -e rails


- Railsのインストール

$ gem install rails -v バージョン


  • Railsのバージョン指定はアプリケーション作成時に行う
$ rails _バージョン_ new アプリケーション名


Node.js編

  • nodenvのインストール Nodenv…node.jsのバージョン管理ソフトウェア

参考: https://github.com/nodenv/nodenv

$ brew install nodenv

#$ vim ~/.zshrcに以下を追記
$ eval "$(nodenv init -)"

#Nodenv-doctorで設定されていることを確認
$ curl -fsSL https://github.com/nodenv/nodenv-installer/raw/master/bin/nodenv-doctor | bash


  • Node.jsバージョン一覧
$ nodenv install -l


  • インストール一覧
$ nodenv versions


  • 現在のバージョン
$ nodenv version
#これも使える
$ node -v


  • 指定したバージョンをインストール
nodenv install


  • バージョンを指定
#グローバル
$ nodenv grobal バージョン

#ローカル
$ nodenv local バージョン


エラーの話

nodebrewのインストールの際、以下のエラーが出ました。

Permission denied @ dir_s_mkdir - /private/tmp/homebrew20201025-17620-12ps03o permission deniedはアクセス拒否、後ろのdir_s_mkdirはちょっと意味がわからなかったが、 調べたところ、権限がユーザーになってないことが原因とのこと。

参考: https://teratail.com/questions/204129

以下のコマンドで権限をユーザーに戻した。
$ sudo chown -R 'ユーザー名' /private/tmp/
sudoはrootユーザーの権限が必要なコマンドをsudoコマンド経由で実行させることができる、とのことで ファイルやディレクトリの所有者を変更するコマンドであるchownと-Rオプションを使用することで、カレントディレクトリ配下のファイルやディレクトリの所有者を変更できるようになる、らしい。

この作業をやったところ、nodebrewのinstallが無事に成功しました。

yarn編

YarnとはJavaScriptソフトウェアの依存関係を管理するプログラムのこと

- Yarnのバージョンを確認

$ yarn -v


  • Yarnと依存関係にあるソフトウェアのバージョンを確認
$ yarn versions

参考: https://classic.yarnpkg.com/en/docs/install/#mac-stable

<Ruby on Rails> コントローラでのRails 国際化 (i18n) API使用

flashの文字を日本語で表示させた。

1.gemを追加し、bundle install

gem 'rails-i18n'



2.config/application.rbに以下を追記(class Application < Rails::Application内)

config.i18n.default_locale = :ja



3.config/locates/にja.ymlを作成し、以下を記載

ja:
  #コントローラ名
  posts:
    success: 投稿に成功しました。
    update_success: 内容を更新しました。



4.controller.rbのnoticeにtranslateメソッドを記載

#createアクション
~
redirect_to ルートパス, notice: t('.success')
~

#updateアクション
~
redirect_to ルートパス, notice: t('.supdate_success')
~

上記手順で以下のように表示される。

https://i.gyazo.com/9c2cb041ad607bcef8ea2ffda20bf9a9.png

https://i.gyazo.com/b090138b4bddde973977ec2b16db8ddf.png

参考:探索の「遅延」(lazy lookup) railsguides.jp

<Github> リモートリポジトリURLの変更

リモートリポジトリのURLの変更は下記のコマンドを使用する。

$git remote set-url リポジトリ名(例:origin) 変更後リモートリポジトリURL

変更後は、git remote -vで確認。

<Ruby on Rails>  githubにbundleをpushさせない方法

githubにvendor/bundleをインストールさせないためには、下記の方法が必要になる。


①vender下にbundleというフォルダを作成し、その中にgemがインストールされるようにする。

$ bundle install --without production --path vendor/bundle


②隠しファイル.gitignore を開き、bundle installの対象外にするvendor/bundleを入力する。
vendorは他の使用途もあるので、gemがインストールされるbundleフォルダを指定する。

$ cat .gitignore 

#.gitignoreへの入力
vendor/bundle


③git init、git add -A、git commit -m ""を行う。

ターミナルコマンド ※随時更新

finderを開く

$ open .

今どこにいるか調べる

& pwd

vimにて、

コマンド
x 1文字消去
j 下へ移動
shift + G 一番下へ移動
w 次の単語
p 貼り付け
d + d 一行削除
o インサートモードになり、かつ改行した場所に開始位置を指定
i インサートモード
escキー インサートモード解除
:w 保存
:q vim終了
:wq 保存してvim終了