STUDY MEMO

勉強した内容をアウトプットしていきます。

< コマンド > git

gitの履歴

git resetしてしまってもgit logと異なり、resetを含め全体の履歴を見ることができる。 左のハッシュ値をgit reset --hardの後ろに入力するとそこまで戻せる。

$ git reflog

任意のcommitまで戻す

git logで戻りたいcommitのハッシュ(commitの後の文字列)を取得し、以下のように入力する。

$ git reset --hard ハッシュ値

直前のcommitを修正する

commitのコメント部分を誤入力した時に使用した。

$ git commit --amend -m "#{コメント}"


リモートリポジトリ関連

リモートリポジトリのURLの変更

$ git remote set-url リポジトリ名 変更後リモートリポジトリURL

変更後は、git remote -vで確認。

リモートのデフォルトブランチを設定

$ git remote get-url リポジトリ名

リモートリポジトリの名前とURLを確認

$ git remote -v

リモートのデフォルトブランチの設定

$ git remote set-head リポジトリ名

リモートリポジトリの詳しい情報を表示

$ git remote show リポジトリ名

現在のローカルにリモートのリポジトリを追加する

$ git remote add 名前(origin) url

リモートの名前を変更する

$ git remote rename 名前 新しい名前

リモートリポジトリを削除

$ git remote remove リポジトリ名
$ git remote rm リポジトリ名

ブランチの一覧表示

$ git branch

ブランチの作成

$ git branch ブランチ名

# ブランチを作成し、そのブランチへ切り替える
$ git checkout -b [ブランチ名]

ブランチの切り替え

$ git checkout [ブランチ名]

ブランチの削除

git branch -d [ブランチ名]


stash関連

generateなど新規ファイルを作成した後に、全部消したくなったらgit stash->git stash dropを使うと一括消去できる。

現在の作業を一時退避する

stashの後にsaveをつけるとその後にコメントをつけることができる。

$ git stash

一時退避した作業のリスト一覧を表示

$ git stash list

退避した作業を復元

$ git stash pop
$ git stash apply <git stash listで表示されたstash@{数字}>

退避した作業を削除

$ git stash drop


参考文献

【 git remote 】コマンド(基礎編)――リモートリポジトリを追加、削除する