STUDY MEMO

勉強した内容をアウトプットしていきます。

<git> 共同開発

共同開発の流れは、
コードを記載、変更する

共有する準備

共有

共有はリモートという共有ファイルの置き場を使う。
リモートはgitHubなどのサーバーがある。

作成者→(アップロード(push))→リモートサーバー→(ダウンロード(pull))→共有メンバー

リモートを登録するときは
git remote add リモート名 URL

init

git init gitを使用するとき入力する。

add

git add ファイル名
で共有するファイルを選択する。

commit -m

git commit -m "コミットメッセージ"
で、記録(コミット)するファイルにコメント(コミットメッセージ)をつける。

pushとpull

git push リモート名 master
リモートにファイルをアップロードすることをpushという。

git pull リモート名 master
リモートからファイルをダウンロードすることをpullという。

statusとdiff

git status
statusは、変更してpushされていないファイルのファイル名を赤色、
pushされたファイル名を緑色で表示する。
modified: ファイル名

git diff
変更の内容を表示する。
変更前の記述は赤色表示で、左端に-と書かれており、
変更後の記述は緑色表示で、左端に+と書かれている。

logとlog -p

git log
コミットメッセージを確認できる。

git log -p
コミットされたものの変更内容が見れる。
Qで終了できる。