STUDY MEMO

勉強した内容をアウトプットしていきます。

<javascript ES6> オブジェクトについて

値の更新

 

更新は以下のような式で行う。

 

定数名.プロパティ名 = 更新する値;

 

 

例:

const food = {name:"卵",price:20};
food.price = 40;
console.log(food.price);

 

 

 

 

 

配列での使用

 

配列にオブジェクトを組み込むことができる。

 

例:

const foods = [
 {name:"卵",price:20},
 {name:"りんご",price:120},
 {name:"アボカド",price:100},
]; //配列foodsをオブジェクトを組み込んで定義

for(let i = 0; i<foods.length;i++){
 console.log("******************************"); //仕切り

 const food = foods[i]; //定数foodを定義
 console.log(`商品は${food.name}です`);
 console.log(`${food.price}円です`);
}

 

出力される情報がない時(例だとpriceの入れ忘れなど)は、undefinedが表示されるので、ifを用いて分岐させること。

 

 

オブジェクトの中でのオブジェクト使用

 

オブジェクトの中でオブジェクトを使用することも可能。

 

例:

const food = {
 name:"卵",
 nutrients:{
  calories:90.6,
  totalCarbohydrate:7.38
 },
};

console.log(`${food.name}のカロリーは${food.nutrients.calories}g、炭水化物量は${food.nutrients.totalCarbohydrate}gです。`);

 

 

オブジェクトの中での配列使用

 

配列の中でオブジェクトを使用できるように、

オブジェクトの中で配列を使用することもできる。

 

例:

const food = {
 name:"卵",
 nutrients:{
  calories:90.6,
  totalCarbohydrate:7.38
 },
 cookingMenu:["スクランブルエッグ","茹で卵","オムレツ"]
};

 

console.log(`${food.name}のカロリーは${food.nutrients.calories}g、炭水化物量は${food.nutrients.totalCarbohydrate}gです。`);
console.log("*************************************************");


for(let i = 0;i<food.cookingMenu.length;i++){
 console.log(food.cookingMenu[i]);
}