STUDY MEMO

勉強した内容をアウトプットしていきます。

<Ruby on Rails> rails consoleでの操作

rails console テーブルにデータを追加 ①newメソッドでモデルのインスタンスを生成 ②テーブルにインスタンスのデータを保存 テーブルから最初のデータを取り出す DBの全てのデータを取得する rails console ターミナル上で下記のコマンドを入力するとコンソ…

<Ruby on Rails> テーブル作成

マイグレーションファイルの作成 マイグレーションファイルとは、データベースに変更を指示するためのファイル。 保存場所はdb/migrateの直下。 下記コマンドで作成できる。 データ型にはtext(長い文字列)などのデータ型が入る。 rails g model モデル名 カ…

<Ruby on Rails> each文を記載

html内に記載する場合 controller内に記載する場合 html内に記載する場合 headerタグの直下に配列を入力する。 <% 配列名 = [ "文字列1", "文字列2" ] %> 配列を表示したい部分に下記のコードを入れる。 <% 配列名.each do |変数名| %> <%= 変数名 %> <% end…

<Ruby on Rails> 開発準備

開発準備 開発に必要なフォルダやファイルの入った、フォルダを作成する。 rails new アプリケーション名 開発中のアプリケーションをブラウザで表示するにはサーバーを起動する必要がある。 下記コマンドを入力すると、サーバーが起動され、ブラウザでlocal…

<Ruby on Rails> 画像保存場所

publicフォルダに入れておくと、htmlでは <img src="/画像名"> CSSでは background-image: url("/画像名"); のように画像を指定することで簡単に表示できる。 ※画像名の前に必ず/(スラッシュ)を入れる。

<Ruby on Rails> ページ作成の流れ

controllerを分けない場合 htmlページを増やすだけの場合は下記の流れ。 routingに新規URLを追加 ↓ controllerに新規のactionを追加 ↓ viewの対応するフォルダ内に新規ファイル(.html.erb)を作成 controllerを分ける場合 開発後、異なる機能を持つページを作…

<Ruby on Rails> view、controller、routing

view viewでリンクを設定 controller routing topページをlocalhost:○○○○で表示 Railsでページを表示するには以下の3つのファイルが必要。 view ページの見た目を作るためのhtmlファイル。 ファイル→ファイル名.html.erb viewでリンクを設定 以下のコードをh…

<Ruby on Rails> 概要

Ruby on Railsは、Webアプリケーション開発のためのフレームワーク。 参考サイト ↓ medium-company.com

<Ruby> ハッシュ

配列が複数の値を並べて管理することに対して、 ハッシュはそれぞれの値にキーをつけて管理する。 {キー => 値, キー => 値} <例> foods = {"卵" => "乳製品","金額" => 20} puts foods["卵"] foods["卵"] = "乳製品・卵" #キー名変更 puts foods["卵"] fo…

<Ruby> each文

配列の要素の数だけ繰り返し処理をする。 ||で囲まれた変数に配列の要素が順に入っていき、each文の中の処理が実行されていく。 配列.each do |変数名| #処理 end <例> foods = ["卵","アボカド","マグロ"] foods.each do |food| puts "#{food}が食べたい…

<Ruby> 式展開

文字列を#{変数}とすることで、変数を代入している値に置き換えることができる。 <例> age = 20 puts "#{age}歳で成人です" 結果 ↓

<command line> コマンドライン一覧

コマンド 内容 touch ファイル名 ファイルの作成 cat ファイル名 ファイルの中身を表示する mkdir ディレクトリ名 ディレクトリの作成。make directoryの略。 cd ディレクトリ名 選択したdirectoryに移動。change directoryの略。 pwd カレントディレクトリ…

<SQL> データ加工

重複データを省く 四則演算によるカラムデータの再計算 集計関数 SUM関数: AVG関数: COUNT関数: MAX,MIN関数: データのグループ化 WHEREとの併用 HAVINGとの併用 重複データを省く 特定のカラムの重複を省くとき、以下の構文を使用する。 SELECT DISTINC…

<基本情報試験範囲> 進数と基数変換

2020年10月18日(日)が試験日。 IT未経験者だと200時間くらいの勉強が必要とのこと。受けるからには頑張る。 キタミ式と合格教本を使用。使い方としてはキタミ式を先に読んでメモしていき、 一周したところで教本に切り替えて記憶に残ってない部分を潰してい…

<SQL> 基礎

SQLはデータベース言語のこと。 データベースはテーブルで管理されている。 テーブルは以下の構造で作成されている。 基本のSQL文 基本的には以下の構文になる。 SELECT カラム名 FROM テーブル名 WHERE カラム名 = ○○; //(WHERE NOT カラム名 = ○○) //(WHER…

<git> 共同開発

init add commit -m pushとpull statusとdiff logとlog -p 共同開発の流れは、 コードを記載、変更する ↓ 共有する準備 ↓ 共有 共有はリモートという共有ファイルの置き場を使う。 リモートはgitHubなどのサーバーがある。 作成者→(アップロード(push))→リモ…

<javascript ES6> 配列で使用できるメソッドについて

pushメソッド pushメソッドは、配列の最後に要素を加えるためのメソッド。 配列名.push("追加したい要素"); <例> const foods = ["卵","アボガド","トマト"]; foods.push("きゅうり"); console.log(foods); 結果 ↓ forEachメソッド forEachメソッドは、配…

<javascript ES6> this.変数名について

this.プロパティ名 = 値; コンストラクタ内での使用する場合、インスタンスにプロパティと値を追加できる。 ・・・① this.プトパティ名 メソッド内で使用すると、インスタンスの引数を入れることができる。 ・・・② <例> class Food{ constructor(name,pri…

<javascript ES6> ファイル間の関連付け

export(出力)について クラス定義のあとで、下記の記載をするとそのクラスを他のファイルへ出力できるように設定できる。 class クラス名{ ・・・ } export default クラス名; クラス名の部分を変数名や定数名で記載すれば、それらもexport可能。 import(読…

<javascript ES6> コンストラクタ

コンストラクタは、javaと異なり、クラス名で表記せず、 constructor(){}で表記する。 コンストラクタの中で、生成されたインスタンスにプロパティと値を追加する時は下記のようにthisを使用する。 this.プロパティ = 値 例: class Food{ constructor(){ th…

<javascript ES6> オブジェクトについて

値の更新 更新は以下のような式で行う。 定数名.プロパティ名 = 更新する値; 例: const food = {name:"卵",price:20}; food.price = 40; console.log(food.price); 配列での使用 配列にオブジェクトを組み込むことができる。 例: const foods = [ {name:"…

<javascript ES6> 関数、アロー関数、引数、戻り値、オブジェクトへの組み込み

関数とアロー関数 関数の定義は以下のコードで行う。 const 定数名 = function(){ 処理 }; 定数名(); アロー関数はES6から導入された書き方で、 function()について、 () =>という記載で省略できる。 上記の定義に当てはめると下記のようになる。 const 定数…

<javascript ES6> 配列.length

配列変数.lengthで、配列の要素数を取得できる。 今回はhtml内にjsを埋め込んだ形の例。 (htmlでwebページに反映させるため、console.log()ではなく、document.write()を使用) 例: <html lang="ja"> <head> <meta charset="UTF-8"> <title>Document</title> </head> <body> <script> const animals = ["dog","cat","rabbit"] for(let i = 0;</body></html>…

<javascript ES6> 比較演算子の===と!==

javascriptでは比較演算子は以下のように表記される。 ===:左辺と右辺が等しい !==:左辺と右辺が異なる

<javascript ES6> 繰り返しfor内での宣言について

javascriptの変数定義はlet、定数定義はconstで行われる。 javaに染まりすぎてletとかconstとか忘れてしまうのでリマインド 。 事前に変数定義をしていない場合、以下のような式になる。 for( let 変数名 = 変数;条件式;変数の更新 ){ console.log(変数名); }